うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岐阜

仕事の仲間と岐阜の本巣は根尾にある薄墨桜を観るために小旅行に出かけました。
薄墨桜は日本でも有数の大きな古い桜ということで有名なそうですが、
花は少し終わりかけてて、老いた枝を支える支柱が痛々しい。

翌日その先の雪をかぶっている能郷白山に向かいドライブ。
その途中の名も知らぬ集落で桜並木に息をのみ立ち止まりました。
川のほとりに並びひっそりと、しかし晴れやかに咲いている。
そのふもとにはお墓が一列に並んでいる。
ここで生まれて育ち生を全うした魂が川と桜を眺める場所に眠っているのだろう。
しばらくのあいださくらをずっと見つめてました。

KICX0489.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/04/25(火) 00:21:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅家土烏

バスとタクシーを乗りついで西湖龍井茶の産地、杭州の郊外の梅家土烏(めいじゃーうー)に。

新茶の季節で休日と重なりメインの通りは車とバスで大渋滞。
それでもすげ傘をかぶり茶葉を入れるかごをもっておしゃべりをしながら
お茶畑に向かうおばさんたち。
家の軒先で製茶をするおじさん、おじいさん。

KICX0431.jpg


川で洗濯するひとびと

KICX0450.jpg


ここでは通り沿いにお茶以外にも田舎料理を出してくるところがたくさんあり、
ひとびとは思い思いにお茶をたのしみ、おしゃべりや青空麻雀をするひとまで。
緑がきれいでとてもきもちいい

KICX0441.jpg


お茶をもくもくとつくっているおじさんに声をかけて試飲させてもらい
明前梅家土烏西湖龍井を買いました。





  1. 2006/04/19(水) 23:41:42|
  2. 中国への旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黄砂に吹かれて

北京周辺は黄砂と突風ですごいことになってました。
空は黄色く霞み路地には紙屑やゴミが舞い散り目や口にざらざらした砂が。
夜ホテルに到着後、新茶の龍井茶を買いに老舗のお茶屋にいくも九時前で既に閉店‥。
それではと前から行きたかった国子監にある茶館、留賢館に。
国子監は昔科挙(役人)の試験があった場所で古くて落ち着いた街並みが残るところ
店内も雰囲気がよくゆっくりできます。
お薦めの白茶と一緒に広西省の緑茶「青螺黛」の新茶を出していただきました。
初めて飲んだのですが、とても爽やかで何煎入れても軽やかな味。
日本語が上手な店員の張さんと話をしているあいだに時が経ち
地下鉄の終電に遅れてしまいました。
  1. 2006/04/12(水) 13:42:15|
  2. 中国への旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨あがり

20060402221822.jpg


雨あがり

春雷とともに大雨だったにちようび。雨があがったのですぐ近くの公園へ。桜のつぼみは鈴なりで今すぐに咲きそう。雨あがりは空気が澄んで眼下のまちなみがきれいでした。


  1. 2006/04/02(日) 22:18:22|
  2. うつわ・やきもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。