うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

十年

今日は楽しみにしてたタイペイ☆アポロへ
どれもタイペイの味がして、アポロの味がして。
長居して全種類制覇してしまいました


きのう土曜日は勤める会社の社員会で、
十年勤続の表彰を受け、ひさしぶりに同期会をしました
その際に同期のひとりが皆の会社案内の資料請求のハガキを
手に入れてくれて、そのハガキをくれたのでした。
十年前の自分が書いたつたない字。1996年のできごと

このハガキの返事が来ないなあと思った頃、
会社案内がやって来て入社試験を受け、
予想もしなかった大阪にやってきた10年前。
そしてものつくりをする部署に配属になり、そこは熱気が溢れていて
いままで行ったことのなかった中国や香港へ出張し、
おなじ職場の先輩だった店主に出会い、結婚をし、
店主は会社をやめたあと、喜喜茶がはじまったのでした。

すべては細いようで確かな縁でつながっていて、仕事で出会った縁、喜喜茶で出会った縁。
ひよっこで思い込みが激しい自分がいろんなひとに支えられ成長し生きている奇蹟

いまでも気持ちがぶれてひとがうらやましかったり自分が嫌いになることもあります
思い描く理想の自分と現実の自分とのギャップに苦しむこともしょっちゅう

これからの十年、感謝を忘れず強く楽しく生きていきたいと思います


スポンサーサイト
  1. 2007/07/30(月) 00:21:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

野球をめぐる話

夏が来た!
各地で甲子園をめざして高校野球の予選が行われてます

プロ野球も応援しているホークスが4連勝!
ここ数年悔しい思いをしているので今年こそは、と力が入ります

関西に住んでいるわたしにとってタイガースの調子も気になります。
まわりにタイガースファンが多いのもあり、
日本シリーズの激闘をした相手というのもあり
(ホークスが優勝したあのシリーズ、第6戦、7戦と球場で見てました)
弟は九州出身、関東在住なのになぜかタイガースファンなのです。

そして喜喜茶店主は大のイチローファン。
今年のオールスターではMVPもとりました
シアトルマリナーズも今年はがんばってます。
ホークス出身の城島もいるのでわたしもメジャー球団では
マリナーズがいちばん気になります。

イチローがいる間にシアトルに行って、野球を観戦し
スターバックス1号店や点在するインディ-ズ系のカフェをまわってみたい、
それがここ数年の目標のひとつです
  1. 2007/07/27(金) 23:54:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とりあえず完成!

オイルフィニィッシュを塗って乾燥させた本棚を
寝室に設置し、本を並べてく
ああ、至福のひととき


hondana.jpg


背もたれ部分をつけたり手を加えたいところは
あるけれどとりあえず完成

uekara1.jpg



  1. 2007/07/24(火) 06:13:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にゃー

きょうは本棚のヤスリかけとオイルフィニュッシュをせっせとやりました
24時間乾燥中。なかなかいい感じに仕上がりました。
あした本を入れるのが楽しみ

きょうの晩ご飯はかつおのたたきだったのでねこたん大興奮
おねだりしまくりでした

買ってきたトリップトラップの椅子の上で「にゃー」


NEKO.jpg

  1. 2007/07/22(日) 23:59:49|
  2. ねこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こころうた

きょうは仕事のかえりがけ戎橋のTSUTAYAへ

出たばかりのアン・サリーの新譜「こころうた」を買う
喜喜茶でもヘビーローテーションのアン・サリーの歌
このアルバムは彼女がふたりめの子供をおなかに宿して
レコーディングされた歌。初の自作曲も収録されている

うちに帰ってすぐCDプレイヤーへ
楽しみにしてたレコードやCDを買って帰って
初めて聴くときのドキドキ感。


一曲目の 「OVER THE RAINBOW 虹の彼方に」が流れ始めた瞬間、
ああ、このアルバムだいすきだな、と思う
伸びやかなそよかぜのような歌声に、スチールパンの涼しげな音色

彼女のアルバムのなかでもいちばん好きです

こころうた こころうた
アン・サリー (2007/07/18)
VIDEOARTS MUSIC( C)(M)

この商品の詳細を見る
  1. 2007/07/18(水) 00:24:32|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本棚つくり 1

連休最後の日、海の日

本棚つくり決行

まずはランバーコア材の21mm厚の91cm x 182cmを一枚購入。
最近のホームセンターの木材カットサービスはすごい。

CUT.jpg



あっという間にパーツにわかれてしまった。

tsumikomi.jpg



その後、家に帰って棚の位置を鉛筆で書き込む

手伝ってもらいながらボンドとネジで固定
電動ドライバーのバッテリー切れのトラブルものりこえ
すこしだけ棚らしくなってきた
うれしくて本をならべてみる

P7168919.jpg


紙ヤスリがけ、オイルフィニィッシュは次回にもちこし
完成が待ち遠しい

ひさしぶりの木工でしたが楽しかった!


  1. 2007/07/16(月) 23:11:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の一日

きょうはアサヒビール大山崎山荘美術館での大山崎夏茶会「空山鳥語」
にいってきました。


あいにくの天気でしたが、雨に緑が潤い生き生きとしているのも気持ちいい。
お茶をいれてくださったみなさんはチャイナドレスがとても似合っていて、
趣向を凝らした場でいろいろなお茶にうっとり。
即興切り絵のチャンキー松本さんのワザにびっくり。

なかでも蜜蘭香単叢と鉄羅漢が美味しかった

P7148873.jpg


中国茶に遊ぶ雨の日の大山崎


P7148862.jpg

  1. 2007/07/14(土) 23:31:11|
  2. 中国茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会社の給湯室で・・・

こんなタイトルだとなんか噂話とかお局様のいじめとか、よからぬことを連想してしまうのですが、

まじめにお茶のはなし。
会社ではたらく人にとって、何を飲むかは大切なことです
そういう私も若かりし20代は夏は暑くて缶コーヒー3本にコーラ飲んだりして机の上に缶が林立していました。

中国茶はいれるのに時間と手間がかかる、と思い敬遠する方も多いでしょう
でも工夫次第でうまく仕事中でも中国茶を楽しむことができます


わたしの、会社での中国茶生活を楽しみかたに必要な道具は蓋椀とガラスのコップ(400ml近く入る縦長なもの)、茶こしと透明な水筒(耐熱)だけです。

給湯室にはポットがあるので、烏龍茶(青茶)やプーアル(黒茶)を飲むときは
蓋椀を使ってガラスのコップに何煎かまとめて入れてたっぷりと楽しみます。
蓋椀の茶葉は烏龍茶のばあい捨てずに透明な水筒に入れきれいな水かお湯をいれて冷蔵庫へ。
翌日にはおいしい冷茶ができています。ガラスのコップに移して飲んでます
緑茶はもとっと簡単でガラスのコップに茶葉を入れ、すこし冷ましたお湯を入れてできあがり。(お茶によってお湯が先だったり後だったりします)

耐熱のおおきめの透明なガラスのコップ、これがたいせつです。お茶の水色や緑茶の場合茶葉の様子もよく見ることができて気持ちが和みます


どんなに忙しくてもお茶をいれ一服することは、仕事のあれこれでほつれた頭を一旦リセットし、頭の中を交通整理してよりよい仕事をするのにも役立っているなと、おもいつつ今日も給湯室でお茶をいれてます

  1. 2007/07/14(土) 00:56:39|
  2. 中国茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たなつくり

お茶の本、料理の本、旅行の本、雑誌などなど
うちには本がいっぱいあります。
もともと収納が少ないので押し入れも含めて
あちこち本が散らばって生活の場を浸食しています

そこでシンプルでかっこいい本棚をつくろうということになり、
さらに産まれてくるこどものあれこれを入れる棚もつくろうということになりました。

なにかつくるのは好きで工作も大好きですが、おおざっぱな性格で
こまかいことをあまり気にしないので、高校の技術家庭でつくった
本立てはぐらぐらしてた記憶があります。

ひさしぶりの木工、できるだけ安い材料費でできるだけ格好良い本棚を
ということでWEBで見つけた「清く正しい本棚の作り方」を参考にさせて
もらいつつ、玉造の家具やさん、TRUCKのカタログを眺めて
完成図のスケッチをしています。

どういうものができるのか?はたまたできないのか?
乞うご期待!
  1. 2007/07/12(木) 00:48:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

喜光寺

P7088719.jpg



わが家から阪奈道路を奈良市街へ
いつも通り過ぎてしまう喜光寺。

西暦721年建立と言う古い古いお寺ですが行ったことありませんでした
この季節蓮の鉢がいっぱいあるとのニュースを見て早起きして行ってきました
蓮は喜喜茶の店の花?シンボルフラワー?
うちでも鉢で5鉢ほど育ててます。
ホームページの扉の蓮の写真は全部教室のある庭です!

喜光寺は敷地いっぱいに蓮の鉢があっていろんな種類の蓮を観ることができます
まだまだ咲きはじめなのでこれからが見頃です
蓮は午前中には花が閉じてしまうので朝早くがオススメです
  1. 2007/07/09(月) 23:12:59|
  2. 奈良
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

垂乳女(たらちめ)

雨がやんだあとはいつも緑の表情が気になります

P7048655.jpg



今日は仕事の帰りにひとりで大阪は中崎町へ
お目当ては河瀬直美さんの「垂乳女(たらちめ)」です。

夜九時からちいさなスペースでの映画鑑賞は
ミニシアターで映画をよく観てた福岡での学生時代を思い出しました


老いていくものと生まれくるもの
河瀬さんの映画はいつもこころにグサグサと刺さります
直接刺さるのでひとに説明するのはむずかしくいつもできません
光のゆらめきととささやくようなうた、そして母なる女性の乳が印象に残りました

  1. 2007/07/06(金) 00:45:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うちゅうへ

きょうは喜喜茶の教室が産休前最後の日でした。
わたしは最後に少しだけ顔をだしてみなさんにあいさつを

夕方からは真木テキスタイルスタジオのシルクの布・服を見に
くるみの木の秋篠の森「月草」へ
手をかけて紡がれ織られたシルクの布には
量産品にないゆたかな表情があります。
そのあと、若いインド人のシェフ、ラケッシュさんがつくった
カレーも本当においしかった
秋篠の森の緑は雨に濡れ生命力に満ち溢れ綺麗でした


ここ最近自分のブログを見ると内容も文体もあっちこっち飛んでて支離滅裂やなあと
思うことしきり。もともとそうですが、さいきんひどいです
支離滅裂ついでに最近読んだ本について

本はなかなか読まないわたしが買ったのが立花隆氏の「宇宙を語る1」(中公文庫)です。

宇宙戦艦ヤマト、銀河鉄道999、ガンダムといった作品をリアルタイムで見てきたわたしたちの世代は、宇宙はいつか人類が住んでもおかしくないという感覚をどこかで持ってると思います。心底大好きな「火の鳥」(手塚治虫氏)にも地球以外の星に住む人の話が出てきます。ただ現実のほうは月まで人類が到達し、宇宙ステーションで長期滞在をおこなうところまでしかきていません

この本は立花隆氏が日本人宇宙飛行士と対話をおこない、宇宙に行ったことで気持ち、意識がどのように変わったかをうまく聞き出していてとても刺激的な内容になっています。
筆者は、人類は意志により自分たちの未来を切り開くことができる初めての生物で、宇宙にも活躍の場、生存・生活の場をつくりだすことができると述べています。
生命が海から陸にあがったように人類は地球から宇宙へ
その時ひとの意識はどう変わるんだろうか、日本人から地球人、そして宇宙人へ
わたしを構成している分子、元素も地球でできたものでなく宇宙でできたものらしい
わたしと宇宙はつながっているとあたまの片隅で考えて

もうすこし年とったら宇宙旅行、宇宙遊泳も一般的になってるんだろうな、
そしたら行きたいな

宇宙に移民の募集があったらどうするんだろう
などとしばし想像・・・
  1. 2007/07/05(木) 01:00:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。