うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨戸のおもいで

今日は朝から引っ越し
雨まじりの中、なんとか荷物を運び終えました。


ie.jpg



荷物を運び込むため木製の雨戸をガタガタあけてると、
なつかしい気持ちになりました。

最近の家、特に関西の家は雨戸がない家、
もしくはあっても雨戸を閉めない家が多いのですが、
わたしの実家の九州では台風がよく通るので
(昔は、今より台風がもっとよく来てました)
どの家も雨戸を必ず閉めていました。
実家の雨戸は木製ではなかったのですが、
開け閉めにコツがいりました。
一枚目を収納して、それが戻ってこないようにして
2枚目をしまいこむ。
すべりが悪く、すぐつっかかるのをうまく滑らす。
雨戸を夕方閉めるのはわたしか、弟のしごと。
朝、二階で寝ていると一階の雨戸を母が開けているのを
聞いて朝が来たんだな、と感じたものでした。

うちの雨戸、
木製で4枚一組のものがあり、
コツと多少の力がいるので開け閉めは
わたしの仕事になりそうです。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/19(水) 22:33:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錆び

「ちりとてちん」もいよいよ佳境。
このドラマがすごいのは、脇役がいないこと。
みなが主役。
スポットライトのあたっているひとだけが主役じゃない、
というせりふがあるけれど、
登場人物のみながそれぞれの人生を生き、響きあっている。
すべてながつながりあって。
このドラマを見てからは
世界の見方が変わってしまった。


ひっこしの準備をしながら
ベランダの錆びた蚊取り線香立てに見入ってしまった
鉄の錆びはなぜこんなに美しいんだろう


katori.jpg




  1. 2008/03/17(月) 22:26:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじまりの季節

近くの梅林が満開というのに、
今日は一日、引っ越しの準備。
前に引っ越してきたのは結婚する前で6年前。
その時は6畳一間からの引っ越しだったから
荷物もそんなになかった。

6年でたまった荷物を整理していると、
でてくるわ、でてくるわ、
買ったお茶、いただいたお茶、
あんなこっちゃ、そんなこっちゃ、いろんなお茶が・・・。

春は、はじまりの季節。
今年の楽しみのひとつ、
日本茶インストラクターの通信講座。
特に楽しみなのが茶葉の鑑定とテイスティング。
もうすぐ新茶の季節も南から始まります。

お茶のできるところからお茶を飲むところまで
愉快な旅を続けよう

  1. 2008/03/15(土) 23:28:41|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おじさんたち、ときめく

この日の百貨店の地下一階は
スーツ姿の仕事帰りのおじさんばかりが
輪になって群がっていてちょっと異様なかんじ

「ん~、それとこれ、あ、あれもちょうだい。」
とおじさんたちはチョコを買っている。
そのおじさんたちにまぎれて、
舌を噛まないように「○×△・・・、ください」と長いカタカナの
チョコの名前をいうのは少し緊張する

バレンタインもらってはないけど、
おちびさんにもハート型のチョコを買った

  1. 2008/03/14(金) 00:06:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国から、コスタリカ経由、コロンビア

先週の木曜日のこと。
ちーっとも上達しない中国語を勉強するために
お昼にスターバックスへ。
中国茶を飲みながら勉強というのが気分だけれど
そういうお店が近くにないもので。
レジ横に翌日、コーヒークイックセミナーがあります!
とお知らせがあったので申し込んだ。

セミナーは45分ほどで
今限定で販売しているコスタリカのコーヒーと
それに合わせてフードペアリングを楽しむという内容。
コスタリカのコーヒーの特徴、そのコーヒー農園の紹介、
スターバックスが行っている農園、農家のサポートの話を交えつつ、
ペーパーフィルターとフレンチプレスでいれたコーヒーの飲み比べをする。
そして、いちばん興味があった、フードペアリング。
すっきりしてほどよい酸味のこのコーヒーには
シンプルなサンドイッチとレモンケーキの組み合わせ。
似たものどうしをあわせるのがコツらしい。
特にレモンケーキの酸味とコーヒーが絶妙に合っていた。
コーヒーはプレスで飲む方がコクがあって好きだけれど
食べ物と合わせる場合はフィルターのほうが
相性がよく感じたのも面白い。

質問タイムでスターバックスが数ある農園の中から、
抜きんでた味と香りを持つコーヒーができたと認めたときのみ、
数量が少しのことが多いため、限られたお店で
数量限定で「ブラックエプロンエクスクルーシブ」の名前を
冠して販売されるコーヒー豆の話題になり、
つい数日前から「コロンビア ナリニョ エルタンボ」というコーヒーが
発売になっていて、うちのお店では取り扱っていないけれど
近くの御堂筋のお店では30個ほど入ってきているそうですよ、
という話を店員さんから運良く聞くことができた。
前回のブラックエプロンエクスクルーシブのコーヒー豆は
タッチの差で買うことができず、今度発売されたら買おうと決めていたので
予想外のうれしい情報。

翌日、そのお店に行ってみたところ、レジのところに最後の一袋が。
これも縁だと思い、すぐ購入。
(いつもお茶を買うときもこれもなにかの縁だから、といって買ってますが・・・)

coffee.jpg



挽いた豆をフレンチプレスに入れまず少しお湯を注いで豆を蒸らす。
するとベリーのような香りがぐんと立ちのぼってきて、鼻をくすぐる。
ラベルに書いてあるとおり、シトラスなどの柑橘の香りも。
香りだけで桃源郷に連れて行かれそう。
お湯を注ぎきり、4分ほど待ってカップに注ぐ。
飲んでみると、ベリーの香りの後に、チョコレートのような後味を感じる
瑞々しいベリーたっぷりの、隠し味にチョコレートが入ったパイのような。
わたしの最も好きなコーヒーのタイプ。
こんな、コーヒー滅多に出会えない。

coffee2.jpg



このコーヒーに出会えたのも、中国語から。
ふしぎな縁がつながって、極上の一杯。


  1. 2008/03/07(金) 00:12:16|
  2. コーヒー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青柳茶   10年目のはじめまして

今週とどいたお茶。
熊本の山間部、五家荘の船本製茶さんの『青柳茶』
日本茶のほとんどが蒸してつくるが、このお茶は昔ながらの釜炒り製。
中国緑茶の作り方とほぼおなじ
五家荘で釜炒り茶をつくってるのは船本さんのところだけだそう。
しかもこのお茶の茶葉は一般的なやぶきた種ではなく、
そこにずっと生えていた在来種をつかったもの
茶葉はすこし深めの緑でくるくる縮れている

chaba.jpg


急須に茶葉を入れ熱めのお湯を注いだ。



会社に入るために大阪に出てきた10年前の1997年。
秋か冬に福岡に帰省した時に買った1冊の本。
福博総合印刷発行のFS(FUKUOKA STYLE)19号、
「九州・茶のふるさと」
FUKUOKA STYLEは福岡を中心に九州・アジアの文化をとりあげた季刊誌で、
その当時、まだ、ほとんどお茶に興味がなかったのに
なぜかその号を買って捨てずにとってあった。
  それから時は流れ、喜喜茶の影響でお茶に目覚め、
つい最近、日本茶にも興味を持って、船本製茶のお茶を知り、
飲みたいと思ってお茶を頼んでから、この本のことをふと思い出して、
本棚から引っ張りだしてきてめくってみると、
船本製茶のことが載っていた。
10年前の時を経てつながった不思議な縁。


急須からお茶をそそぐ。水色はきれいな黄色。
ほわっと釜炒り茶の香りがあたりを包む
蒸しのお茶にはなかなかない立ちのぼってくる香り。
ずずーっと、ひとくち。
甘みを押さえた、さっぱりした味。
よくいわれるように、つけものが欲しくなる。
二煎、三煎といれる間もいい香りに包まれた。
10年目のはじめまして。

  1. 2008/03/05(水) 23:18:17|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九条にて

昼休みシリーズ

今日は九条の豚まんや「邵記」へ
中央大通りを西へ、九条駅からキララ九条という商店街を北へ
平日の昼下がりの下町の商店街はけだるい感じで、いいかんじ。
ここは大阪の商店街の中でもかなりディープなほうだろう。
でもそこから枝分かれした商店街、市場通りはさらなるディープゾーン。
那覇の牧志公設市場を彷彿とさせるような

そこを抜けたところに豚まんやさんはあった。
豚まんと、高菜まんと、黒胡麻あんの全種類を2個ずつ買って頬張る

九条駅から間もないところで見つけた怪しい喫茶店
「コーヒー紀行カクタニ」
いいカップでおいしいコーヒーを、
というフレーズはわかる。
入り口の左側に女性の写真がいっぱい貼ってあって
「写真で出会った滋賀の女性たち」
と書いてある

kakutani.jpg


「なぜ女性の写真?、しかも滋賀??」
「???」
誰かいったことがあるひとがいたら教えてほしい
こんど勇気を出していってみようかなあ・・・
  1. 2008/03/04(火) 00:39:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。