うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紫陽花の葉のお茶

肌寒い日曜日。
お昼から、『お茶と器と』のDMを送るため郵便局へ
そして春日大社の近くのひよどり荘で一日限りの
崔 智恩(チェ・チウン)さんのお茶とお菓子の韓国カフェに出かけた。
店主は菊の花のお茶とおにぎり、
私はイースルー茶(紫陽花の葉のお茶)と生姜のお菓子を注文する。
イースルー茶は初めてだったが後味が甘く、
それが紫陽花の葉だけによるものだと聞いて驚いた。
チェさんにお話を聞くと、こちらの眼をしっかり見つめて
韓国のいろいろなお茶の事を丁寧に教えてくださった。
素敵な方でお会い出来て良かった。


昼過ぎから腿が少し筋肉痛になっているのに気づき
はて、と思ったが昨日の秋茶会で
乾果の松の実をお出しした時に中腰になっていたのが
今になって効いてきたことに気付き愕然とする。
足腰鍛えねば
すらっとした鹿の脚を見ながらしばし反省。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/26(日) 22:33:08|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

移ろい

朝、庭の写真をとる
今日から家に駐車場をつくるため、工事にはいるのだ。
住み継がれてきた家の庭の風景を閉じ込める

京都への電車から見える田園風景。
茶畑も時折登場しながら
コスモスの花がふわっと咲いている区画が秋を感じさせて


大山崎では夏に池に咲き誇っていた睡蓮が影を潜め、
時折吹く風は清々しく秋らしい。
チベットの旗がはためいて

秋茶会

多くの方で賑わった秋茶会。
お茶のこと、しつらえのこと。
自分の言葉にして話す事の難しさを感じて。
秋茶会は日曜日もやっております。


駐車場の工事の立ち会いもあり、店主はお留守番。
店主は夕方から韓国の料理会に参加するので
駅の改札でおちびさんを受け取り、おうちへ。

たった半日の間に家の塀と木々は取り払われ更地のようになっていた。
長年この土地で暮らしてきた草木を結果的に追い払う
そのことは分かっていた事だが目の当たりにすると
言葉を失ってしまう。

その後、おちびさんとごはん、おふろ、ねんね。
なかなか寝ないおちびさんもようやく眠りそうになったとき
こちらも必ず眠ってしまう。
そこに店主が登場。
おちびさん、おやすみなさい。
わたしもこの後ねんねします

  1. 2008/10/26(日) 01:52:43|
  2. 中国茶・台湾茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大山崎秋茶会

今週の土曜日、10月25日に
大山崎山荘美術館で行われる
大山崎秋茶会でお茶をいれてます。

中国茶が好きな方はもちろん、
あまり飲んだことはないけれど興味はある、おもしろそう、
という方にこそオススメです。
野外で、館内で、お茶室で趣向を凝らした茶席でお茶を楽しみ、
季節の移ろいを五感で味わう。


数年前、わたしが中国茶のことを何も知らなかった頃。
店主がお茶をいれていたので大山崎の茶会に出かけました

茶会って、どうすれば  と少し緊張していたのですが
難しいことや決まりごとは何もなく、
お茶の話や、しつらいのことを聞きながら
お茶をいれてもらい、その香り、味を楽しみました。

お茶は気持ちの良い場所で飲むとさらに美味しくなります
秋茶会は10月25日(土)、26日(日)の両日です

  1. 2008/10/23(木) 03:31:48|
  2. 中国茶・台湾茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おちびさんが・・・

オレンジ


きのうのこと。
おちびさんがたっちしました
店主とふたりで話してたらつかまりもせず
ふうっと、立っている。
いままでも一瞬立ったか立ってないかのようなことは
あったけど、今回は1秒くらい立ったまま。
ぺたんと座ったあと、
おちびさんはやったよ! どうだ! 
と最高に満足げな表情をして、
みんなで、おちびさんすごい!
3にんでばんざーい、ばんざーいをしてで喜びました。


denwa.jpg

受話器反対ですよ、おちびさん

  1. 2008/10/21(火) 06:32:12|
  2. ちいさいひと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

福岡へ出張茶館

心に残ったのは感謝の気持ち

本日福岡から帰ってきました。
石原稔久さんの個展に合わせて12日、13日と出張茶館をさせていただきました。

店主の出産後、初めての出張茶館は初めての場所、初めてのおちびさん連れ。
予想がつかないことが多く、行くまでは期待と不安とが入り交じってましたが、
梅屋さんの温かい歓迎をいただいて、
手厚いサポートにより素晴らしい茶館ができあがりました。
梅屋さんのみなさん、ありがとうございました。

和室

急須たち


みなさんで


そして、来てくださったお客様にもありがとうの気持ちでいっぱいです。
石原さんのファンの方、
喜喜茶のことを知って遠方からやって来られた方、
たまたま通りかかった方。
お茶とお菓子を楽しんでいただいたのはもちろん、
いろんなお話をすることができたのも嬉しかった。


最後にこの機会をつくってくれた石原さんに、深い感謝の気持ちを捧げます
自分の個展でとても忙しいのに方々に手配をしていただき、
いろんな方を紹介していただき、気を使っていただきました。
ありがとうございました。

うめやさん


  1. 2008/10/16(木) 02:03:05|
  2. 中国茶・台湾茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桂花

朝、庭の金木犀の花を摘む
雨があがり、鈴なりの花。
香りが次第に強くなってくる

kinmokusei.jpg

店主は、この後、金木犀のジャムをこしらえた

  1. 2008/10/09(木) 01:30:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ファンタジウム

夜、歩いていると金木犀の香りが漂ってくる


おちびさんは朝目覚めた時、
まわりに誰もいないと声を上げて
ふとんから降り、寝室を出て、
泣きそうな顔して(泣いてるんだけど)
廊下をこちらにハイハイして、
だっこしてと手を差し出す。
世界にたったひとり取り残された気がしたんだろう


月一回のモーニングツーに連載されている杉本亜未作「ファンタジウム」
難読症の少年マジシャン、長見良と彼を取り巻く大人たちの物語。
胸を静かに、そして深く打たれる
彼の魔法に魅了される。

ファンタジウム 3 (3) (モーニングKC)ファンタジウム 3 (3) (モーニングKC)
(2008/09)
杉本 亜未

商品詳細を見る




桐木 正山小種
ラプサンスーチョンの始まりの紅茶


正山小種


今週末はいよいよ福岡行き

  1. 2008/10/07(火) 02:50:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。