うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Discover Japan vol.3

楽しみに待っていたDiscover Japan のvol.3
前回の器特集も良かったけど
今回の『日本茶特集』、おもしろいです!
いろんなお茶の楽しみ方が紹介されてます
なかでも海外での日本茶ブームに興味をひかれました


Discover JAPAN (ディスカバージャパン)3 (エイムック 1664)Discover JAPAN (ディスカバージャパン)3 (エイムック 1664)
(2009/01/27)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト
  1. 2009/01/28(水) 02:03:25|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春節茶会

今日は旧暦の大晦日
朝から時には雪が舞い、時には陽の光が射して

春節茶会、無事終了しました。
ありがとうございました。
至らない点もいろいろありましたが、
お越しいただいた方々から温かい声をかけていただき
とても嬉しかったです。


店主のお茶をいれるお手前は美しく
気持ちの良い空間とあいまって
ああ、お茶はいいなあ

春節茶会



イベントの時の店主の集中力はすばらしく
いつも感心します。
準備からかたづけまでおつかれさま


わたしが持って帰った紹興酒のかめにも
桃の花が生けられました。

もものき

  1. 2009/01/26(月) 00:02:01|
  2. 中国茶・台湾茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

どっこいしょ


おちびさんが1歩、2歩だけどあるき始めました。

会社の近くのおいしい中華料理のお店に頼んで、
あるものを分けてもらい、大阪から奈良まで持って帰りました。
かなりおっきなもの。
それが何かは25日の春節茶会でお楽しみに。

  1. 2009/01/24(土) 00:16:00|
  2. 中国茶・台湾茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都 茶市場にて

今日は京都の南、
城陽市にあるJA全農京都 茶市場で行われた
日本茶インストラクター2次試験の
直前勉強会に行ってきました。

茶市場


前を通ったことはあったけど、中に入るのは初めて
ひとつながりの広い空間。ふだんはここでお茶の取引がされてます。
参加されたのは1次試験を合格した約50名くらいの方々で、
若い人が多かったのが印象的でした。

まずはお茶の鑑定試験の練習。
それぞれ5点の茶葉を見て、
摘まれた時期を判定したり、
品質の良い順を判定したり、
いれられたお茶の香りや味でお茶の品質を判定したり。
その3種類の試験をみっちり4セット続けて行って
その度にインストラクターの方に説明していただきました。
五感をフルに働かせるので最後の方はくたくたに。
結果はなかなか・・・第六感も使いますがうまくいきません。
分かった事は品質鑑定はやはり難しいということでした...

つづいてのインストラクションの実技試験では
玉露のいれかたを説明することになりましたが、
4分間ではお茶をお出しするところまでたどりつけず、
しかも説明はしどろもどろ。
未熟さを痛感しました。

試験まであと二週間。
全力を傾けて取り組まなければと、
思えた事が収穫でした。

  1. 2009/01/19(月) 00:42:56|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿と大熊猫

『さんかくだよ、先生!』
 (鹿男あおによし 風に)

aoniyoshi.jpg


奈良から南に下って、




panda2.jpg


パンダの赤ちゃんのもそもそした動き、かわいい!

この旅行によって
南のお茶を知ることに。

  1. 2009/01/13(火) 23:43:07|
  2. 日本の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

研ぎすまされて

朝、早くおきてストーブの前でボーッとしてたら
マンガの神様が降りてきて今月のきちゃまんが描けた。

日本茶の品質鑑定の練習。
茶葉をよく見ていろいろなことを感じとろうとする。
そして今までいかに見ていたつもりで
見ていなかったかがわかった。
まだまだ修行がぜんぜん足りないが
感覚が研ぎすまされていくのがわかる。

その結果、
おちびさんのうんちの匂いはおむつと服を通しても
真っ先にわかるようになった・・・

  1. 2009/01/10(土) 01:11:28|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡での茶話     ~元泰洋行~

それは、12月のとある日、
中国茶教室で坦洋工夫紅茶を飲んだことを
店主に話したことから始まった。

店主が磯淵猛氏の紅茶の本から
偶然辿り着いた中国紅茶専門店。
12種類もの中国紅茶を扱っていて
なんと私の福岡の実家から10分ほどのとこにある!

年末の帰省に合わせて
中国紅茶を扱う『元泰洋行』を訪れた。
お忙しい時期にも関わらず社長の任健治さんは
懐かしい北九弁で興味深く、面白い話をいろいろ
聞かせてくれた。
現地での買い付けのはなし。
福建省でも紅茶の飲めるTEA HOUSEを4軒も展開しているはなし。

紅茶は中国では輸出用で、
ほとんど飲まれていないものと思っていたので驚きだった

そして何種類かのお茶を試飲させていただいた。
どのお茶も美味しく、特にキームン紅茶は絶品だった。
任さんのしゃべりはかなり面白く笑いが絶えないのだが
その陽気なキャラクターとは対照的に(失礼!)
お茶のパッケージは凝っていてどれも洒落ている。
ノスタルジックな缶のデザインのもの。
木箱スタイルのもの。
写真は北京オリンピックを記念して作った
モダンなデザインの紅茶セット


hako.jpg


シルバーの缶に12種の中国紅茶が詰められている

hakonaka.jpg

湘紅工夫や海南工夫など日本では目にすることが難しい紅茶も
この紅茶セットは一缶の中に3g入りの袋が6袋小分けで入っている

kobako.jpg


私たちはこの北京オリンピック記念セットと数種類の紅茶缶を購入。
奈良に戻って、坦洋工夫をいただきました。

tanyou.jpg

店主も私も飲んだことのない紅茶があり、
これから飲むのが楽しみ。
今後さらに中国紅茶のラインナップは増えるそうです。

  1. 2009/01/03(土) 01:34:06|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。