うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都ぶらぶら

sakura.jpg

日本茶インストラクターの認定式に出るために京都へ

会場では、京都をはじめとした茶業の重鎮の方や
中国茶、紅茶にも造詣の深い谷本陽蔵氏も出席され、
「日本茶はおもしろい、楽しい」と思うきっかけになった本を書かれた
東京のお茶屋さん思月園の高宇政光氏が講演をされたりと楽しい時間を過ごしました。
合格された方の大部分はお茶屋や製茶会社、お茶農家など
茶業に関わる仕事をされていて
わたくし、だんなはどっちかというと珍しい存在でしたが
できたての名刺を配って、喜喜茶のことをあれこれ説明しました。
ホテルでの認定式の時は日本茶がサーブされましたが、
懇親会の飲み物がビールやウーロン茶、コーヒーだったのが
気になりました・・・


さあ、その後はお楽しみの京都ぶらぶら。
まずは和菓子屋さん塩芳軒へ
長暖簾のお店の外見も店内の佇まいも虚飾が無く格好良い。
上生菓子(蒸し菓子)と聚落を購入しました。

次に向かうは宇治茶を扱う竹村玉翠園。
ご主人の竹村嘉平さんは外出されていたので
奥様がカウンターで相手をしてくださり
お茶をいれてくださった。
「宇治茶いい味いい香り」は軽妙なしゃべり口調で
宇治茶やお茶屋さんのあれこれが
書かれていて、
内容も充実、読み物としても面白い
絶対おすすめの本。

最後に平安神宮近くの茶友の
好日居さんに寄らせていただきました。
蕗の薹のおまんじゅうとお抹茶をいただきました。
彼女のつくるお菓子はいつもおいしい。

家に帰って、みんなで塩芳軒さんのお菓子に
竹村玉翠園さんの宇治の煎茶を合わせて。
大島は黒糖が入っていて初めての味。
どのお菓子も優しく自然な味の余韻を感じます。

京都を堪能した一日でした。

oshima.jpg

スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 01:46:15|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛子さんのお茶

わたくし、だんなもついに名刺をつくることにしました。
いま、せっせとつくっております。

閑話休題、
中国緑茶は清明節を前に製茶が始まっています。
中国茶好きの方でしたら知ってる方もいらっしゃると思いますが
chinaty party 主宰の愛子さんが龍井茶、碧螺春を製茶するため
中国へ渡られました。
製茶したお茶を一緒に飲む「心の隊員」を募集されています。
募集期間が短く、なんと3月27日(金)までです。
興味のある方は「心の隊員募集」をよくご覧になってください。

ピーローチュン


私はまだ愛子さんにお会いしたことはないのですが
中国茶に対する真剣な取り組みに感嘆することしきりです。
いつかお会いして色々なことを聞きたいなと思っています。
愛子さんのホームページ

おいしいお茶みつけたっ

  1. 2009/03/26(木) 02:47:24|
  2. 中国茶・台湾茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新 一番搾り


一番搾りが好きだ!

一番搾り


ビールと言えば一番搾り。それくらいここ数年偏愛してきた。
プレミアムモルツやエビスにも浮気せず一番搾り。
なんてきれいな水色!
そして瑞々しく芳醇な味。

しかし、気付いたらイチローがコマーシャルして
麦芽100%に、すっきりに変わったという。
(今までは米・コンスターチが入ってました)
どうなんやろ?と思いつつ、新・一番搾りをぐびり。

モルツやエビスに近くなったんかなあ、
すっきりしすぎて物足りない。
前の一番搾りのほうが好みやなあ
と買い置きしておいた旧・一番搾りを飲みながら思いました。
この思い、一番搾り好きのひとは分かってもらえるだろうか。


週末、庭に新しい木たちがやってきました。
実のなる木も選んで。
引っ越して一年。
ゆっくり庭を育てていこう

にわ

  1. 2009/03/23(月) 02:29:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニルギリ パークサイド


昼休みに自転車で出かけるのが気持ちいい
風をからだに受けてびゅんびゅんと走る

先週、紅茶屋のムジカで店員さんにすすめられた
お茶が気になったので、ふたたび訪問し、
インドはニルギリのパークサイド茶園の紅茶をいただいた。

ポットからたちのぼる香りでこのお茶はおいしいぞと確信する。
高原の花と草いきれのような香りと味にしばし時を忘れて、
ひとり、にまーっと緩んだ顔で紅茶を飲みました。
時間がなくなり、ペダルをこいで大慌てで会社に戻る。
昼ご飯を食べ忘れてしまっても満足。
おいしいお茶はいいなあ

小さい頃のんだ紅茶は苦くて、角砂糖をいれて。
冬にあったかい缶の午後の紅茶を飲むのが
好きだった私の少年期の紅茶の思い出。
紅茶がこんなにおいしいと最近知りました。

買って帰った茶葉で店主にこっそりお茶をいれる。
ふたりでおいしいねえ、と堪能しました。

パークサイド


  1. 2009/03/20(金) 02:17:21|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親子イベント


今日は親子イベント。

sunny babiesさんは
初めての場所だったので、
どんな感じになるか当日まで分からなかったけど
小さい子ども連れの方々で賑わいました。
喜喜茶は無農薬のほうじ茶をつかった
「大和の茶粥」。

おやこ



後半はだんながいれる日本茶(煎茶)と
店主てづくりのお茶菓子(芋羊羹の黒蜜がけ)を
やる予定でしたが、
わいわいと賑やかでひとでいっぱいだったので
ほっこりと、ほうじ茶にプラン変更。

おちびさんもいろんなひとに
遊んでもらってごきげん。
楽しいイベントでした。

企画した sisiさんありがとうございました。

  1. 2009/03/16(月) 00:20:03|
  2. ちいさいひと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新茶の縁

3月13日は百貨店におじさんがもっともひしめく日。
多分にもれずチョコをさがしに心斎橋の大丸に行きました。
ふだんだったらそごうにまず行くのにその日は大丸に。
地下一階をぐっとこらえて、地下二階へ

この期間限定出店のお店。
ショーケースの中に宝石のように
丁重に扱われるトリュフチョコたち。
抹茶のチョコもいくつか見かけました。

気がついたら一番奥の福寿園の茶房まで来ていて。
店員さんと話をしていて、
ふと思い出した、新聞でみかけた
12日のグリーンハウスでの新茶摘みのことを話すと、
「今日から売り出されてますよ。」
びっくり!

春一番

「春一番」という名のお茶。
すこしだけ、15グラムの縁起物。
摘んだその日に製茶して翌日に店頭に並ぶとは。
すごいな、福寿園!

これも何かの縁と言い、
うちに連れて帰り、
さっそくいただきました。

春一番2


春一番3

店主曰く、さやえんどうの味と香りがする!
確かにまめまめしい香りと後味。
ミネラルをあまり感じさせず、さっぱりしている。

ふしぎなお茶の縁。
春をひとあし早くいただきました。

  1. 2009/03/15(日) 02:42:10|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親子イベントのおしらせ


木津川市にある、
福寿園の温室茶園では一足早く茶摘みがされたそうです
春のお茶の季節がもうそこまで来ています



3月15日の日曜日
午前10時から午後3時まで
奈良市三条本町の子連れカフェ「sunny babies」さんの
2階のレンタルスペースで
「春のsisi親子イベント」があり、喜喜茶も参加します。
前半は店主のつくる大和茶粥やさん。
後半はわたくし、だんなの「家族でお茶を楽しみませんか?」をやる予定です。
店主のつくるお茶菓子つきです。

具体的な内容は、どのお茶がいいかなあ
どうするのが楽しいかなあ、とまだ考え中です。
みなさんのお茶生活、日々の暮らしを楽しくする
たすけとなれば。  と思い考えています。

日曜日にお会いしましょう。

  1. 2009/03/13(金) 02:21:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風に吹かれて

千里同風。

今週の土曜日、日曜日はおちびさんと遊んでいたので、
お越しいただいたみなさまとは直接お会いすることはできませんでしたが
私も冬の冷たさと春の気配が入り交じった風に吹かれていました。
多くの方に来ていただきありがとうございました。

うちに帰った後、修二会のあいだのお菓子、良弁椿をいただきました。
この季節、どうしても食べたくなる。
お茶は大和の極上煎茶。 奈良組み合わせ。

良弁椿


きれいな緑色をしたお茶っぱの入った急須に、
少し冷ましたお湯を静かに注いで、しばらく待つ。
湯呑みに注ぎ分けて行くとき、最初のお茶の色は水のように
透明で、一瞬しまった!薄いかな。と思うけど、だいじょうぶ。
急須から注がれるお茶の色はだんだん黄緑色を帯びていき
湯呑みは澄んだ色のお茶で満たされます。
良弁椿のすこしざらっとした餡の口あたりに
優しく甘みが強いこのお茶が良く合います。


来週は親子イベントに参加します。
店主のつくる茶粥と午後は
だんなの「おいしい日本茶、いれませんか?」をやる予定です。
店主のつくるお菓子付きですよ!
詳しい場所、時間は追って連絡します。
ぜひ、いらっしゃってくださいね。

  1. 2009/03/09(月) 00:50:10|
  2. 奈良
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木曜日の楽しみ

千里同風のお手伝いをして、
今年の花粉症は足先に寒気がするなあ、
強烈やな、と思っていたら風邪でした。

かぜちがい・・・

話は変わって、
木曜日の楽しみ。
それは週刊モーニング。
漫画になじみの無い方は?かもしれませんが、
社長島耕作なども載っている漫画雑誌です
店主も今ではすっかりはまって一緒に読んでます。
その中でテレビドラマにもなっている「神の雫」のことを。

世界的ワイン評論家神咲豊多香を父に持つ、
知識はしろうと、感性は天才的な神咲雫が主人公の話ですが
詳しいストーリーは本を読んでいただくとして
この作品に感嘆するのが
深い造詣と愛情を、うんちくに走らず
分かりやすく、想像豊かに表現していること、と
「ワインは眉間にシワを寄せて飲むのではなく、楽しんで飲むんだよ」
という姿勢を貫いていることです。
いつも読む度にワイン初心者の私はそのワインを飲んでみたくなるし、
そのワインの世界に引き込まれる。
そしてお茶とワイン、似ていると言われる両者、
お茶はどうだろうと考えてしまう。

この漫画を読む度、
お茶とのつきあい方はこうありたい、
と思います。

  1. 2009/03/06(金) 03:53:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。