うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山へ


店主は山へお茶をいれに

翌日
私は別の山へ・・・

伊勢茶

道中、伊勢茶の茶畑がひろがって、
お茶屋さんもいっぱいあるけれど、
今回は寄らず、、、残念。


みんなで木材を山へよいしょ、よいしょ。

よいしょ


スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 00:09:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

風蘭香


朝早く
高知を思い出しながらお茶をいれました。

風蘭香包装

風蘭香

お茶を摘んでから一晩しおらせてつくったお茶
きれいなお茶の葉はずっと眺めても飽きない



風蘭香お茶


山のお茶の力強さに蘭のような香りもして
体がお茶の気でゆっくりと満たされるようでした

  1. 2009/08/28(金) 06:11:24|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の植物園

高知をますます好きになった3日間。

高知県立牧野植物園の「夜の植物園」のエコ・カフェに出店しました。
囍茶の出店は22日の土曜日だけでしたが、
高野寛さんのコンサートのリハーサルが聞こえてくるなか準備。
出店場所は緑と調和している展示館のデッキで気持ちの良い空間です。
展示館のなかも開放感あるつくりで、
牧野富太郎氏の業績をよく知ることができます。

じゅんび

なふだ



夕方から、
夜の植物園を散策される方、
コンサートに来られる方、
出店を目当てにされている方でとても賑わいました。
わたしはおちびさん担当。
だっこして、散歩してうろうろ。時々写真をパチリ
今回お出ししたのは水出しの中国茶と氷出しの高知のお茶。
店主はひっきりなしにいらっしゃるお客様に
ずっとお茶をいれて大忙しです。

どうぞ


お客様から「お茶、おいしい!」という声を多く聞くことができたのが
たまらなく嬉しくて。
氷出しのお茶は高知の国友農園のお茶を出させていただきました。
氷出しで贅沢にとろりと出したお茶は
このお茶の持つ素晴らしい滋味が凝縮されて大好評でした。
社長さんが駆けつけて
お茶に対する熱い想いを話してくださり
店主ともども感激しました。

一緒に出店された方々、牧野植物園の方々にも
優しくしてもらって楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました。


ひとがあたたかい高知。
たべものがおいしい高知。
市場の多い高知。
土曜日の朝、行ったオーガニックマーケットの雰囲気も良かったし、
もちろん日曜市にも行きました。
前回は行くことのできなかったバンブー茶館も行くことができて、
おいしいお茶をいただきました。
まだまだ行きたいところがたくさんある高知。
土佐弁もぐっときます。

ひらかれた、おおらかなところに魅せられて
移り住みたくなるね~、と後ろ髪を引かれながら高知を後にしました。
また、来年も出店したいな



おちびさんと一緒の旅は
ままならないことも多くゆっくり旅。
太平洋でじゃぶじゃぶ、おおよろこび。
海はいいなあ

太平洋

  1. 2009/08/25(火) 02:05:01|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これからのイベント予定

夏も終わり?
まだまだ!

囍茶の夏はこれからです
今週末、8月22日の土曜日は
高知県立牧野植物園の「夜の植物園」の夕暮れエコ・カフェに出店します。
夕暮れエコ・カフェは21、22、28、29日と4夜ありますが
囍茶は22日だけ出店します。
こだわりの冷茶とすこしだけのお菓子を出す予定です。
高知の方も、高知が好きな方もぜひ!
お待ちしております。

大学生のとき、四万十川を下って、
出会う人みなに親切にしてもらい、
そしてお酒ののみっぷりに驚いて以来、
高知は食べ物はもちろん、川も海も山も、まちも、
ひとも大好きなところです。
今でも店主と年に1、2回は高知に出かけてます。


そして8月29日、土曜日の正午から夕刻まで
京都の童仙房の旧野殿童仙房小学校跡地で
行われる「山の上マーケット」に出店します。

南山城村の童仙房はお茶も有名なところ。
在来種のお茶の木で作られたお茶を店主がいれます。
私は仕事で残念ながら行くことができませんが
地元の農家の方、ものづくりをされている方を中心に
気心のしれた仲間たちが開く楽しいマーケット。
ぜひ、いらしてくださいね。

詳しくは童仙房木工所のホームページまで




  1. 2009/08/18(火) 00:28:40|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ながさき

一足早く休みをいただいて
福岡へ帰省し、
家族で長崎へ。


ちゃんぽん めがね橋
岩永梅寿




興福寺 アイス

             おばあちゃんがよそおってくれるアイスはやさしい味




教会

船上から見えた丘の上の教会。
夕陽に映えて輝いている
ずっと、ずっと見つめる。
信仰してきた人たちの
想いの深さに心を馳せる


     海         
              ペンギン


大人になって初めて行った、長崎。
西洋、中国、日本が入り交じり、
層を成して時を積み重ねた街は
おもしろく、興味がつきない。
いい街には
街を愛する人たちがいる。





  1. 2009/08/16(日) 02:12:48|
  2. 日本の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空中大和茶カフェ はじまりました

燈花会


大和茶にとって、記念すべき一日。


今日から奈良の夏の風物詩「なら燈花会」が始まり、
それに合わせて、奈良を一望する県庁屋上の展望室で
空中大和茶カフェがオープンしました。

大和茶の若手茶農家の方が、
自らお客様にお茶をいれ、もてなすお茶会。

普段は顔を合わせる機会のなかなかない、
茶農家の方の話を聞きながら、
くるみの木主宰の石村由起子さんがしつらえを
担当した空間でゆっくりとお茶をいただきました。


最初は水出しの極上煎茶。
とろりとして、
氷出しならではの若々しいうまみを味わいます。
おちびさんがごくごく飲んで少ししか
飲めませんでした...


次は同じ茶葉を、ひとりひとつの急須でぜいたくにいれます。
45度とぬるめのお湯で1分半抽出して供されました。
青い水色をめざしてつくられたお茶。
渋みは感じられず、瑞々しく生命力あふれる味です。

2煎目は少し高めの温度で、なかにしの茶菓子と一緒に。
餡を包んだ餅は紫蘇の葉で巻かれていてお茶によく合います
この茶菓子もおちびさんがぱくぱく...


3煎目のお茶は、お茶葉にポン酢をかけたものと一緒に供されました。
お茶はすべて、ガラスの湯のみで出されいたましたが、
お茶の色がわかりやすく、涼やかでした。


おみやげのお茶もいただきました。



今日お茶をいれてくださった井ノ倉さんとも
初めてお会いして、すこしだけお話をしました。
大和茶がみんなに知られ、愛される存在になるよう
活動されています。
わたしもそのお手伝いをいろいろなかたちで
できれば。と強くおもいました。


空中大和茶カフェは燈花会の期間中、
8月14日まで開催されてます。

空中大和茶カフェ特設ページをごらんください。





  1. 2009/08/06(木) 02:49:15|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒八女茶

お茶ともだちのいとこのお姉さんから
お茶が送られてきた。

『発酵 黒八女茶』

黒八女茶


福岡の一番食品さんが九州大学と共同で開発した黒茶。 
 八女茶の夏茶を使って、黒麹で発酵させたお茶。
焼酎用の黒麹を使うなんて、さすが九州!
黒茶ポリフェノールが含まれていています


茶葉



  ティーバック入りですが、
  中を見たくて、急須でいれたくて
   ティーバックを破ってみると
  かなりブロークンで、こなこなの茶葉






茶壷でいれてみました。
香りも味もプーアル茶のよう。
癖になりそう

黒八女茶をどうぞ


発想がおもしろいなあ。

今度、
黒霧島(黒麹の焼酎)と、黒八女茶のお茶割りを
つくって飲んでみよう!



  1. 2009/08/01(土) 07:47:59|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。