うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊勢のかぶせ茶

三重県は静岡、鹿児島に次いで3番目にお茶の生産量が多い隠れたお茶産地
茶摘みの前に茶畑に覆いをしてつくるかぶせ茶については日本一。
でも、伊勢茶、伊賀茶など、三重のお茶は関西ではなじみが薄くなかなか見かけません


先日伊勢へ旅行したときについに伊勢茶を買うことができました。
関の「かねき伊藤彦市商店」さんのかぶせ茶「緑粋」と
関の銘菓「関の戸」の組み合わせ

伊勢茶と関の戸



かぶせ茶特有の青々しい香りとまろやかな味。
いろんなお菓子に合う包容力も感じます

北勢のかぶせ茶と南勢の深蒸し茶をブレンドしたお茶
「天下一」も絶品。他にもあれこれお茶を買い込んでしまい
今月もお茶貧乏へまっしぐらです。


風涼し 懐寒し お茶美味し



スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 23:34:51|
  2. 日本茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

伊勢は昭和のかおり

5連休の終わりは
伊勢へ行ってきました

前に伊勢に行ったのは3年前。
おちびさんが店主のおなかに入って間もない頃
旅行の後、そのことがわかったのでした。


伊勢は昭和のかおりがする所。
観光地は古びている建物が多くて
懐かしく、ノスタルジック。
昔、家族旅行で父と母に連れられ
別府や熊本、阿蘇に行ったことを思い出しました。


港内スロー


イルカ島で気になった、スロー
文字の力の抜け具合がいいかんじ






カモメ


  1. 2009/09/24(木) 00:27:16|
  2. 日本の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大和茶のことがわかる一日講座

今日は店主は親子イベント
「食べることは育つこと。
だいどころ飛鳥さんとおにぎりつくり」でした。
お越しいただいたかた、ありがとうございました。


わたくし、だんなは車でひと山越えて
茶業振興センターで行われた
『大和茶のことがわかる一日講座』へ

午前の部は手揉み茶つくり
和紙を貼った焙炉(ほいろ)の上で数人ずつ班になって
お茶の葉っぱを揉んで、転がして、撚って・・・
色々な工程を先生の手本に習い、やってみるものの
見るのとやるのでは大違い。
こつをつかむのがむずかしい。
でも、何回もあきらめずやってると少しだけ
こつが分かってきて、嬉しい
私の班の先生は空中大和茶カフェでお茶をいれていただいた
井ノ倉さんでした。
先生がお茶に触れるとお茶がどんどん美味しそうになっていきます。

手もみ茶

本当は6時間の作業が必要ですがはしょって3時間ほどで終了。
針のように細いお茶にはなりませんでしたが、
乾燥させて持ち帰ったお茶は
やわらかく澄んだ、香りのいいお茶でした。


お昼をたべながら参加者の方とお茶話をして。


午後からは闘茶会に参加しました。
初めての闘茶会。
順番にでてくる5種類のお茶を飲んで
該当するお茶の札を箱に入れていく、というのを3回行い、
合計点を競います
札は花鳥風月客になっていて雅びです。

闘茶


最初の1回目でなんとひとりだけ全問正解!
会場がどよめいて、我ながらすごい!と思ったら
2回目は0点。まぐれということがばれました、、、
5種類のお茶はどれも似ていて難しい。
気を取り直して3回目で持ち直し、
2位に入賞して賞状と賞品のお茶をいただきました。

お茶のこと、楽しむのはもちろん、
もっと勉強して深く知りたいと気持ちを新たにした一日でした。




  1. 2009/09/13(日) 01:28:08|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2さい

おちびさん、おめでとう

一年前、もちを背負ってひっくり返って泣いていたおちびさん
いまでは、おとおちゃんがきたら「ばいばい」って言って
いたずらそうにわらう。
どこでそんなおとこのあしらい方をみにつけたのか

もう、あかちゃんじゃなくて、こどもだね
ううん、ひとりのちいさなおとなだね

おかあちゃん、ありがとう
おつかれさま


9月になってもプカプカしてます
日本海もきもちいいいなあ

日本海でプカプカ




  1. 2009/09/08(火) 01:31:02|
  2. ちいさいひと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。