うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まちのシューレ963

釜バター

ひさしぶりの香川
なんといってもうどん。
10年前、うどんツアーで1日5件、10玉くらいうどんをたべてました。
これは釜バター。
卵を混ぜるとカルボナーラに早変わり!



シューレ

目的はまちのシューレ963のオープン初日。
プロデュースしたくるみの木の石村さん、
スタッフのみなさんにお会いしました。
おめでとうございます。
まちのシューレは広くて気持ちのいい空間。
ギャラリーなどすべてがオープンするのは12月23日になります。
ゆっくり育っていく、学びの場所。



お茶とお菓子

カフェで井ノ倉茶園のお茶をいただきました。
和三盆の型もオリジナルでシューレで待っている鳥、
まるちゃんやシューレのロゴをかたどったもの

また四国に行く楽しみがひとつ増えました。

スポンサーサイト
  1. 2010/11/26(金) 00:02:10|
  2. 日本の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茶審査技術競技会

全国お茶祭り奈良大会の一環で
全国茶生産青年の集い
茶審査技術競技会のお手伝いをさせていただきました。

茶審査技術競技会



茨城、埼玉、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、奈良、
福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、大分、宮崎
(こうしてみると九州が多い!)
の15県のお茶農家の青年の方がチームをつくり
お茶の外観審査(どの県のお茶か目で見て、香りを嗅いで判別する)
お茶の内質審査(いれたお茶を飲んでどの県のお茶か、どの品種のお茶かあてる)
を競います。
私はお茶の見本を運んだり、お茶を注いでまわったりの運搬係でしたが
100名を超える参加者に対し、お茶を淹れる方、得点をチェックされる方などスタッフも
同じくらいの人数です
手際よくお茶をついでまわるのが一番緊張しましたが
テキパキとできたと思います。

参加者も真剣勝負、裏方さんも真剣勝負。
競技会は無事滞り無く終わりました。
みなさん、おつかれさまでした。

休憩時間も裏方さん同志でお茶をみてあれこれ話したり、
お茶の話をして有意義な時間を過ごすことができました。






  1. 2010/11/22(月) 00:01:25|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天平茶会

歩いて

平城宮跡は空が広く、地が開けているのがいい


東院の入り口に天平茶会の席はあり、
最終日、最後のお茶会席に参加しました。

天平時代のお茶を茶経をもとに再現したお茶

天平茶

奥の青々した餅状のお茶を炭で熱し手前のように茶色くなったものを
ごりごりと気長にすりつぶしてお湯に入れてお茶にします
お茶席では当時の衣装を身にまとった方々が
お茶とお菓子を出してくれます
お菓子も蘇(そ)と干し柿を使った当時を偲ばせるもの

天平茶会

お茶が想像以上においしくてびっくり
器、しつらい、すべてにこだわったお茶席
お茶、お菓子の説明、当時の暮らし、
昔の人が時間をかけてお茶をいれたこと、
そして現代、慌ただしく生きる私たちがお茶を飲むこと
についての語り口に引き込まれました。

  1. 2010/11/10(水) 00:21:26|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今天上午七点

仕事の前の散歩のひととき
朝、七時すぎ
上海の西、七宝鎮

七宝鎮

古い町並みを歩くとまだ開店しているお店はまばら
水路沿いの茶館が開いていたので中へ
今日はじめての客となりました。

窓辺の席に座り、
メニューを見ると本格的な品揃え
どのお茶にしようか悩みましたが
黒茶の千両茶をゆっくり、ほっこりといただきました

R0011069.jpg

お茶の似合う風景、いいなあ
帰りに小龍包を買い食いしホテルへ急ぎました



  1. 2010/11/06(土) 00:43:13|
  2. 中国への旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。