うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

龍 RON

今年は辰年。龍の年。

友人より強力に薦められて一気に読んだ
村上もとか氏の龍 RON。

村上氏の作品はいくつか読んだことがありましたが
この作品の超大な物語に釘付けになりました。

「道のためきたれ」という大義を軸に
戦前から戦後にかけて展開する物語。
主人公の龍はもちろん、田鶴てい、小鈴といったヒロインや
脇役もそれぞれ魅力的に描かれています
何も知識がなくても楽しめますが
舞台を中国大陸に移してからは、浙江省の町並み、上海。北京。
私も訪れた場所の風景や匂いまで伝わってくるような描写。
お茶を飲むシーンもそこここに何気なく登場します。
大きな歴史のうねりに流されず立ち向かう龍。
わたしにとってとても大切な作品になりました。

中国に縁のある方にはぜひおすすめです。
村上氏はこの作品を書き上げて半年後に仁 -JIN-を連載しました。
氏の情熱とエネルギーに脱帽です。
次回作も楽しみです。


龍(RON) (1) (ビッグコミックス)龍(RON) (1) (ビッグコミックス)
(1991/07)
村上 もとか

商品詳細を見る


スポンサーサイト
  1. 2012/01/19(木) 00:42:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。