うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第3話 閑話休題 ーーー へうげもの

ながらく更新しておらずすみません。

久しぶりの日記ですがいきなり「そまこ窯」の話は次回に譲って
今回は今きになるマンガの話を。

「へうげもの」という最近始まった山田芳裕氏のマンガで週間モーニングに連載中です。主人公がなんと古田佐介(のちの古田織部:織部焼きの織部です)で時はまさに戦国時代。信長に武人として認められようとがんばろうとするもどうしても茶の湯ややきものに目がいってしまい武か風流か葛藤する姿が愉快に粋に描かれたマンガです。副題もTEA FOR UNIVERSE, TEA FOR LIFEとありその時代の茶釜や井戸茶碗が出てきてそれらに目を奪われる主人公の葛藤が最高に面白い!よくぞ古田織部をとりあげ、よくぞこういうタッチでマンガにしたなと感心することしきりです。
山田芳裕氏は以前、火星を探査を巡るサスペンスドラマを描いた「度胸星」や十種競技に挑戦する牛乳屋の「デカスロン」など目のつけどころとその独特の描き方が唯一無比で大好きなマンガ家です。

秋の夜長、お茶や、やきもの、戦国時代が好きな方はぜひご一読を。
  1. 2005/09/14(水) 07:17:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<そまこ窯 | ホーム | 素人(そじん) やきもののお店>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsutimono.blog18.fc2.com/tb.php/3-3b81f745

へうげもの

へうげもの『へうげもの』(欧字表記はHyouge-mono)は山田芳裕による漫画作品であり、講談社刊「週刊モーニング」に連載中である。但し、本作品は隔週掲載となって
  1. 2007/01/25(木) 02:46:38 |
  2. まことの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。