うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紀州へ

みかん畑を抜け、海を望み、梅林を抜け、紀州へ


小道

山へ、山へ。

異世界へ繫がりそうな小道をとおり、
開けたところがお茶の里。
お茶の達人とお茶のひとときを過ごしました。


手間をかけて育てられ、作られるお茶
「お茶は本当に不思議な農作物だ」という言葉が心に残りました。



春を待つ

春を待つ茶畑。
ぎっしりと繁る充実した親葉のすばらしさ。




手揉み茶

この手揉みのお茶をいただくたびに
おおきな分厚いごつごつとした手を思い出します。











  1. 2013/01/23(水) 00:02:37|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はるを待つ | ホーム | 九州へ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsutimono.blog18.fc2.com/tb.php/446-098f72f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。