うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

森の中へ


いよいよ古樹茶園へ


乾燥中


仕上げの日光による乾燥工程を横目に集落を抜け山のほうへ






古樹茶園へ


山の斜面に茶樹がいっぱい生えています。







鬱蒼と


さらに登ると自由に伸びた茶樹と巨木の森へ
どこまでも茶樹が生えている広大な森






茶摘み


背の高い茶樹では茶摘み人はひょいっと木に登り茶摘みをしています。






樹上の茶摘み


茶樹にのぼりましたが、
バランスをとりながら手をあけて茶摘みをするのは難しいものでした。

古茶樹の森には
大きな葉、小さな葉、新芽が赤い葉、紫の葉、尖った葉、丸みのある葉、
いろんな特徴の茶樹が混じっています。





大木で


森には存在感のある照葉樹の巨木が点在していて、みなで木登り大会となりました。





茶摘みを終えて



茶摘みを終えた夫婦でしょうか。
子どもと一緒に山をおりていきます。
午後6時をすぎても橙色をした夕陽はまだ空高いままでした。






  1. 2013/04/19(金) 00:33:10|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雲南のお茶つくり | ホーム | 景邁の古樹茶園へ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsutimono.blog18.fc2.com/tb.php/455-8c6e780d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。