うつつわもの

お茶とうつわのはなし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雲南回想

15




雲南の旅。
お茶どころを巡るにとどまらない旅

自然のままに任せた茶樹の森。
薪や日光を利用しお茶をつくること。
ふだんの食事を身の回りから調達する生活。
穏やかで優しい、もてなしの心に溢れたひとびと。



人びとの暮らしに車や携帯電話も入ってきていますが
山の民としてバランスを取って暮らしているように見えます。
10年後、この村がどのようになっているのかは分かりません。
離れた遠い場所と思っていた雲南、は
わたしたちのふるさとを感じさせる懐かしい場所でした。


旅を一緒にさせていただいた
北城さんからお茶についての深い話、
買い付けの話を聞かせていただいたり
岩田さんたちからこれからのお茶つくりや目指す山での暮らしを聞かせていただいたり。
雲南のお茶とこうした語らいが織りかさなり一枚の布ができあがるよう。
忘れられない旅となりました。



知識ではなく智慧を。
お茶の旅は続きます




再見!雲南。
次は妻と娘と一緒に。








14
5 3



11








  1. 2013/04/28(日) 00:00:28|
  2. お茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏来たる | ホーム | 雲南のお茶つくり>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsutimono.blog18.fc2.com/tb.php/457-7fcd8eda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。